052-715-4181
平日  9:30~12:30 / 14:30~19:00
土曜 18:00まで  休診 木曜・日曜・祝日

診療案内 Index Treatment Prosthesis Denture

入れ歯

入れ歯について

入れ歯には、保険適用の入れ歯と自費よる入れ歯があります。保険適用の入れ歯は、金銭的な負担を最小限に抑えることが可能ですが、材質やデザイン、構造に制限があり、ストレスを感じる場合があります。一方、自費による入れ歯では、金銭的負担は増しますが、良質な材質・技術を用いることができるため、より快適な入れ歯を作成することが可能です。

ほほえみ歯科で作製可能な入れ歯

レジン床義歯

保険適用の入れ歯で、「噛む」という入れ歯の基本的な機能に問題はありません。総入れ歯の場合は、レジンで作られているため分厚くなりがちで、口の中の熱が伝わりにくいなど、快適さが損なわれるデメリットがありますが、安価で製作できるうえ、修理しやすいというメリットがあります。

コバルトクロム金属床義歯

床の部分が、コバルトクロムでできた金属床義歯で、自費で作製するため費用はやや高くなります。レジン床義歯と比べて薄く作れるため、発音がしやすく、違和感も少なめです。また、温冷の熱感が伝わりやすいので食事をより楽しむことができます。デメリットとしては、修理しにくい点が挙げられますが、入れ歯治療にも長く使われてきた金属を使用するため信用と実績があり、耐久性と快適性に優れています。

コバルトクロム金属床義歯 費用(税別)
総入れ歯 片顎 350,000円
超精密義歯(BPSデンチャー)
虫歯治療

BPS認定医の中嶋院長が手掛ける、フルオーダーメイドの入れ歯です。お口のサイズを計測し、丁寧に時間をかけて精密に製作します。保険適用の入れ歯に比べ費用はかなり高くなりますが、食事や会話をする際の動きから顎の運動を記録し、限りなく自分の歯に近い噛み合わせとバランス、噛み癖などを精密に再現します。見た目にも違和感がなくて話しやすく、装着感や耐久性に優れた、痛みの少ない入れ歯です。

BPSデンチャー 費用(税別)
BPSデンチャー 片顎 450,000円
ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯に用いられる入れ歯です。以前は金属のバネを歯に引っ掛けて口の中に装着する方法が主流でしたが、ノンクラスプデンチャーは、ばねを歯に引っ掛けなくてもよい入れ歯です。材質は半透明で口腔内の色と同調するため、装着していても目立たず、自然で美しいが特徴です。また、食べものも挟まりにくく、残っている歯に負担をかける心配もなく、金属が使われていないため、金属アレルギーの方にも安心です。

インプラントオーバーデンチャー

すべての歯を失った場合に用いることのできる入れ歯で、顎の骨に埋め込んだ最低2本のインプラントを支柱にして装着する、取り外し可能な総入れ歯です。従来の総入れ歯では、食事中に入れ歯がずれたり、食べ物が挟まったりして、痛みや食べづらさなどの問題も、インプラントオーバーデンチャーの場合、インプラントに入れ歯がしっかりと固定されるため、よく噛んで食べることが可能です。また、埋入したインプラントが歯根の役割を果たすので、顎の骨が痩せるのを抑制できるメリットがあります。デメリットとしては、インプラントを埋め込む手術が必要なため、費用も高額になりがちな点が挙げられます。

ほほえみ歯科
所在地
〒465-0092 
愛知県名古屋市名東区社台2-147
連絡先
052-715-4181 (完全予約制)
診療内容
一般歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科、審美歯科、予防歯科、インプラント、ホワイトニング、歯周病治療、訪問歯科
診療時間
  9:30-12:30
14:30-19:00

★…14:30~18:00 / 休診…木曜・日曜・祝日

Copyright© 2016 Hohoemi Dental Clinic.