052-715-4181
平日  9:30~12:30 / 14:30~19:00
土曜 18:00まで  休診 木曜・日曜・祝日

診療案内 Index Treatment Surgery

口腔外科

口腔外科について

口腔外科に

口腔外科は、歯やお口まわりに生じたトラブルを解決する診療科です。噛むと奥歯が痛い、歯茎が腫れているなど、主に親知らず、埋伏歯の抜歯・誘導・牽引のほか、顎関節症の治療を行っております。また必要に応じ、高度医療機関へのご紹介もいたします。

埋伏歯の治療

埋伏歯は、骨または粘膜の中に埋もれて出てこない歯です。埋伏歯は、その埋伏している状態によって3種類に分けられ、有名な埋伏歯として挙げられるのは親知らずです。

完全埋伏歯
完全埋伏歯

骨の中に完全に埋まっている

不完全埋伏歯
不完全埋伏歯

歯の一部分が見えている

水平埋伏歯
水平埋伏歯

真横を向いて埋まっている

埋伏歯の多くは、歯が生え出すのに必要なスペースが足りていないことで起こります。埋伏歯がある場合、歯が押されて歯並びが悪くなったり、ほかの歯が生えてこられなかったり、また嚢胞の原因になったりします。また、親知らずが不完全埋伏歯の場合には、智歯周囲炎と言って親知らず周囲の歯茎が炎症を起こすこともあります。

埋伏歯の治療では、問題が無ければそのままにして様子をみることもありますが、歯を覆っている骨を削って埋伏歯が生えてくるように誘導したり(開窓療法)、埋伏歯を牽引して矯正を行います。また、親知らずが埋伏している場合には、状況にもよりますが多くは抜歯となります。

親知らずの抜歯

埋伏歯の一つである親知らずは、普通に生えて噛めていれば問題ありませんが、横に生えたり、生え切らなかったりする場合には、噛むと奥歯が痛んだり、歯茎が腫れたり様々な症状を引き起こします。また、きちんと歯磨きができない場合が多く、虫歯や歯周病になる可能性が高まります。何度も炎症を繰り返したり、歯並びに影響するようであれば、ご相談ください。レントゲン撮影などの検査を行い、抜歯が必要かどうか判断いたします。

顎関節症の治療

顎関節症の治療

顎関節症は、顎の関節のまわりで、何らかの要因によって痛みや機能低下が起きることを言います。原因は複雑で、咬み合わせが悪い、歯ぎしりや歯を噛みしめる癖、むち打ちなどの外傷、精神的ストレス、左右いずれか片側の口でばかり噛む習慣など、様々な要因が重なり、顎の関節に強い力がかかって起こると考えられています。

顎関節症の代表的な症状

顎関節症の代表的な症状は3種類あります。

顎が痛む
(顎関節痛)
口が開かない
(開口障害)
顎を動かすとカクカク音がする
(顎関節雑音)

このうち1つ以上の症状があり、しかも鑑別診断で他の疾患が無い場合に「顎関節症」と診断されます。

顎関節症の様々な治療方法

主な治療方法には、以下のような方法があります。

スプリント(マウスピース)療法

睡眠中にマウスピースをつける治療方法で、夜間の無意識な食いしばりや歯ぎしりによって生じる顎関節や筋肉への負担を軽減させます。

薬物療法

鎮痛薬で炎症を鎮めたり、痛みで凝り固まった筋肉に筋弛緩剤を投与して筋肉を緩めたりします。また、夜間の食いしばりや歯ぎしりを抑えるための睡眠導入剤、痛みの軽減のための薬などを処方するケースもあります。

顎関節症は、重症化すると外科的手術が必要になるケースもあります。ほほえみ歯科では、多方面にわたる検査を行い、その結果を総合的に判断した上で、患者さんに最適な治療をご提案いたします。まずは、ご相談ください。

ほほえみ歯科
所在地
〒465-0092 
愛知県名古屋市名東区社台2-147
連絡先
052-715-4181 (完全予約制)
診療内容
一般歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科、審美歯科、予防歯科、インプラント、ホワイトニング、歯周病治療、訪問歯科
診療時間
  9:30-12:30
14:30-19:00

★…14:30~18:00 / 休診…木曜・日曜・祝日

Copyright© 2016 Hohoemi Dental Clinic.