TOPページに
もどる

ブログ

親知らずの抜歯について

2020年09月15日

ほほえみ歯科では、親知らずの抜歯も行っております。

  

親知らずには、

  • 歯の頭が歯茎から完全に出ているもの
  • 歯の頭が歯茎に少し覆われているもの
  • 歯の頭が完全に歯茎に覆われているもの
  • 歯の頭が歯茎だけでなく、顎の骨の中に埋まっているもの

などといくつかの種類があります。

さらに、生えてくる向きによっても、他の歯への影響や抜歯の難易度も変わります。

  

口の中を見るだけでは分かりにくい親知らずの位置や方向も、レントゲン写真では      このようにしっかりと確認することができます。

この写真の親知らずは、写真左上に1本、左右の下に1本ずつ、合計3本あります。

左右下の親知らずを抜歯した後のレントゲン写真です。

  

親知らずは、

  • 歯ブラシが届きにくく、虫歯・歯周病になりやすい
  • 手前の歯を圧迫し、歯並びを悪くする

などの影響を及ぼす可能性があります。

  

ほほえみ歯科では、なるべく腫れにくく負担の少ない抜き方で、

親知らずの抜歯を行っています。

  

親知らずを抜きたい患者様はもちろん、親知らずがあるか気になる患者様、

レントゲン写真の確認や診察のみでも構いません。

ほほえみ歯科に是非ご相談ください!

  

  

このページの上へ