胃食道逆流症と歯の関係

食道逆流症(GERD:ガードとも呼ばれています)をご存知ですか?
主な症状としては
○胸が焼ける感じ
○酸っぱいものが上がってくる
○食後に胸やみぞおちあたりが痛い
胃酸の逆流は食後2-3時間で起こることが多いため、食後にこれらの症状を感じた時は胃酸の逆流が起きている可能性があるということになります。
実はこの胃酸の逆流が歯にも影響を与えることがあると言われています。
それは、酸蝕症と言う症状です。
歯の表面のエナメル質という組織はpH5.5以上の酸性状態になると溶け始めます(脱灰)が、唾液の中和作用で中性状態に戻され、脱灰を防ぎます。
また、唾液の作用で修復されます(再石灰化)。
しかし、長時間、あるいは連続してお口の中が酸性状態になると、歯の表面のエナメル質が溶けだしてしまいます。(脱灰が進む)
この脱灰が進行した状態を酸蝕症と言います。

酸蝕症は虫歯ではありませんが、エナメル質が脱灰した状態のままだと歯がしみたりする知覚過敏、歯の耐久性がなくなり欠けたりするなどといった症状が出やすくなります。

治療としては内服による治療と生活習慣の改善が必要となります。
○食べ過ぎ、早食いをさけましょう
○高脂肪食、アルコール、炭酸飲料、喫煙をできるだけ控えましょう
○食後2〜3時間は横にならないようにしましょう
○夜間に逆流症状が出る人は、頭を高くして寝ましょう
○おなかをベルトや服で締め付けすぎないようにしましょう

気になる症状がある場合は医療機関をぜひ受診してみてください!
酸蝕症のご相談もぜひほほえみ歯科で対応させて頂きます!!!

hohoemi-dental.jp
  • hohoemi-dental.jp